<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Kinen~26
26日目。禁○に対してまだ落ち着かないが、今日はデザイン学校の放課後に喫○場所で同僚と話をした。自分を試す上でもそこでの時間を過ごしてみた。それでもまた吸いたいとは思わず、余計かと思いつつ自分の禁○の経過について話していた。

・・・1つの壁を乗り越えたような気がした。

ただ最近気になるのが肥○。全身が鏡などに映るとぞっとする。体重計に乗るのも怖い!今度はダイ○ットできるかな〜。禁○と同時にするのはつらい。でも禁○もできてるんだから...と思いつつ、この夏ウォーキングをしようかと考えている。

がんばれ〜〜


Kinen~20
今日で禁○から20日目。まだまだ吸いたいという禁断症状が抜けない。昨日はとうとう自分がタ○コを吸ってる夢を見た。味まではっきり覚えている!?

今日は飴をなめる時間も多い。仕事でもイライラすることがあり、落ち着けない。でも周りには禁○してるってことをしっかり伝えてるため、弱音ははけない。

でも少しずつだけど、タ○コを忘れてる時間も増えてきたのは確かである。このブログを存続するためにも引き下がるわけにはいかないだろう。がんばろ〜う。

辞める前の1日の本数は15本で約300円。
★今日までの節約費は →→→ ×20=6,000円
Naga~i Ichinichi
今日で禁○から12日目。専門学校での講師業だったので、終日外出。朝の登校後、午前午後の休憩時間、昼休み、放課後と時間を見つけては喫○所へ足を運ぶ。特に昼休みは50分あるのだが、お弁当を食べてからの残り時間、とても長く感じる。まだ席を立って喫○所へ行こうとするリズムがある。今日は放課後に会議も入ってたので、特に長い一日だった。

今通勤時の電車で読んでる禁○本に書いてあるのが、習慣的なリズムを変えること、つまりフレームの中断・組み替えが必要であることが書いてある。タ○コを吸いたいと思う瞬間の行動をコーヒーを飲むなどに替える。少しずつずらせていくことの教えである。

このように外出時の対処も飴をなめたり、楽しいことを計画したりと、いろいろことを考えて過ごしている。早くこの苦痛から抜け出し、普通に楽しい時間を過ごせることを願う。
Costco

禁○すると、普段しないことをいろいろ思いついてしまう。

今日はストレス発散のため、久々にコ○トコへ行ってのお買い物。平日だというのに超満員。(ほとんど主婦だけど)


ピザ、肉、パン、パスタ、炭酸水、調味料、シャンプー&リンス、洗面マット、保温ジャー、海水浴用にボディボード 等々、とにかく大量の物が安いので、ついまとめ買いをしてしまう。


それでも夜になれば、イライラして落ち着かない。・・・まだ一週間か...もうひと頑張り。


Week

禁○からやっと一週間。...朝起きた時、朝食後、仕事中に一息つく時、昼食後、コーヒーを飲んだ後、夕食後、寝る時の歯ミガキ前...まだクセのように手と体がタ○コを探している。忙しさは変わらないのに、一日が長く感じてしまう。落ち着かない瞬間が多いためである。でもそれを1時間/日(1日の喫○時間)自由に使える時間があるんだと、逆に考えられるようになれば、一つ乗り越えて有意義な時間に変わるだろうと思う。 


また気持ちを紛らすために、夏の家族旅行計画をしてみたりと、別のことでも時間を使うようになっている。そう家族のために禁○してるんだ!・・・明日も頑張ろう。

Hansei

禁○から今日で6日が過ぎようとしている。まだまだイライラが増してるように思う。そんな中で今日は朝から機嫌が悪く、自分の都合通りにいかないと業者の方にキツい口調で話してしまった!ここ最近では珍しいほど、おさえきれない自分があった。...反省。


徐々にでも禁○の苦しみから抜け出し、達成感を味わいたいと思っている。明日は終日外出。さらなる誘惑が待ってるかもしれないが、まずは仕事で達成感のある充実した一日を過ごすことを決意!...前進あるのみ!

Denshi-Tabako

今日で5日間禁○している。イライラ感もピークにきてるようで、仕事に集中ができず気のまぎれることを考えてします。


そんな中、禁○後初めての授業(デザイン学校の非常○講師)があったので、終日外出。誘惑が心配だったが、最近では人前でタ○コを吸ってる人をなかなか目にしないことが幸い。持ちこたえることができた。・・・だが帰りに書店に寄って...つっついに「○子た○こ」を買ってしまった。


帰ってさっそく一服。なかなかいい気分なもので、5日前に戻った開放感というか、ホッとする瞬間だった。でも同時に思ったのが、もう禁○から逃げてる罪の意識・・・あまりのリアルさなので、これでかえってまた機会があれば、本当のタ○コに手を出してしまわないか心配に思った。


ここで禁○のきっかけを再確認しよう!

1)健康について娘たちに言われ、妻子のために長生きしたい

2)最近の検診を受けて、自分でも健康について心配

3)会社○立にともない、経営者としての責任感の実行

4将来に残すため、経済的にも努力が必要

5)これまでの喫○時間(15×4=60/日)の有効利用


上記のことをいつも思っていれば、きっとできるはず。

そしてこのブログを始めたきっかけは、禁○生活の経過を残し、自分でも決意を固めるためでもある。...次回も良い報告ができますように。

Kin-en?

昨日の昼食後の一服。突然だったけど、箱を覗くと自宅にある最後の1本だった。いつもよりじっくり味わって吸ってみた。体の中にゆっくり入っていくのを感じ...この煙が積もり積もって体を侵していくのだろうって、普段思わなかったことを珍しく想い描いていた。


それから1日半、1本も吸っていない。でも禁煙までは全然自信がない!近々禁煙すると家族には話しており、書籍も「禁煙○○ピー」を読み終わり、今は「○○の禁煙術」を読んでいる。


また今日コンビニで「禁煙○○ポ」も買ってみた。食事以外の時間、シュガーレスの飴をなめたり、コーヒーを飲んだり・・・それ以外は口から「・・○○ポ」が離れない。喫煙の代わりになっていないのか、逆にイライラしていたかもしれない。周りにあたってたかもしれない。


明日はどういう一日になるだろう?

まだ上記の本を読んでる段階とか言い訳を言って、本当の禁煙はもう少し先かとも口にしてる。...そんな弱い気持ちの自分が情けなくも思う。